dismiss_pictograms | html %>:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
社会情勢 ブログトップ

エベレスト デスゾーン 世界最高齢80歳エベレスト登頂 三浦雄一郎さん 「世界最高の気分」 [社会情勢]

プロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎さんが

世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂に成功しました。

史上最高齢登頂記録を4歳更新し

「世界最高の気分。80歳、まだまだいける」と喜びを語った。


すごいですねえ^^;

もうなんだか自分の方が全然若いのに、

逆に元気をもらっちゃいますね!


ちなみに世界で14峰あるといわれている8000メートル級の山は、

その高さ8000メートル以上がデスゾーンと呼ばれ、

死亡率が一気に上昇します。


酸素濃度が3分の1以下になり、

20歳の人でもその環境下では90歳ほどまで身体能力が低下するらしいです。


人間がどれだけの時間いても適応できない高度でもあり、

酸素を呼吸で取り入れるよりも、

消費するほうが早くなるというまさに死のゾーンなので、

三浦雄一郎さんの80歳という年齢がどれほどすごいかがお分かりになれると思います。


万全装備のプロですら命を落とす環境ですからね。


また、登山は登るときより下山の方が遭難率が高いみたいです。

頂上まで登っても、

帰ってこない人がかなりいらっしゃるんでしょうね。


その点はジョージ・マロリーも世界初の登頂を果たしたかどうかで

いまだに議論が続いています。


話がそれてしまいましたが、

三浦雄一郎さんの活動には今後も期待したいですね!



三浦さん世界最高齢80歳エベレスト登頂「世界最高の気分」
スポーツ報知 5月24日(金)7時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130524-00000045-sph-soci

 「奇跡の傘寿男」だ。プロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎さん(80)が23日午前9時(日本時間午後0時15分)頃、世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂に成功した。史上最高齢登頂記録を4歳更新し「世界最高の気分。80歳、まだまだいける」と喜びを語った。次なる目標として、同じヒマラヤのチョー・オユー(8201メートル)の頂上からスキー滑降をする夢を本紙に明かしている。

 天空の頂から遠く、東京の事務所に掛かってきた歓喜の衛星電話。三浦さんの声は途切れがちだったが、力強かった。「最高。世界最高の気分。80歳でまさか着くとは。人生これ以上ない。80歳、まだまだいける」。さすがに「これ以上なく疲れています」と本音も漏れたが「頑張って、頑張ってたどり着きました。ヒマラヤの景色が眼下に見えて大変美しい」と頂上を満喫している様子だった。

 前日の吹雪がウソのように、天候は快晴。頂上の気温は、平常より15度ほど温暖なマイナス15度。天も味方に付けたアタックだった。10人の三浦隊は現地時間午前2時15分、最終キャンプから登攀(とはん)を開始。酸素濃度が地上の3分の1しかない「デスゾーン」と呼ばれる世界を約7時間かけて登り続け、最後の難所とされる頂上直下の高さ12メートルの垂壁ヒラリーステップを越え、世界の頂に達した。共に頂上に達した次男・豪太さん(43)は「世界中の景色が見えます」と興奮気味ながら「安全第一で下ります」と無事の帰還を約束した。

 不屈の闘志が80歳を世界の頂上へ導いた。70歳、75歳時に続く5年ぶり3度目のエベレスト制覇となったが、今回は年齢以外の不安要素も多かった。76歳の時にスキー事故で骨盤と大腿(だいたい)骨を骨折。持病の不整脈を治すため、4度の心臓手術も行った。ヒマラヤの環境に耐える肉体をつくるため、三浦さんは25キロのバックパックを背負い、両足5キロのアンクルウエートを付けて生活。都心から高尾山まで自転車で往復するなどして30代並みの筋力を付け、夢に挑んだ。

 次なる標的は定めている。「チョー・オユーの頂上からスキーで滑ってみたいとひそかに思っているんですよ」―。エベレストの西側にそびえる世界6位の高峰からのスキー滑走。前人未到の冒険は続く。25日にはベースキャンプに戻り、6月上旬には帰国。つかの間の休息に入る。

 ◆三浦 雄一郎(みうら・ゆういちろう)1932年10月12日、青森市生まれ。80歳。北大獣医学部出身。64年、スキーのスピードを競う「キロメーターランセ」で時速172.084キロの世界新(当時)を樹立。70年にエベレスト・サウスコルからスキー滑降に成功し、ギネス認定。85年に世界7大陸最高峰の滑降に成功。2003年、08年に世界最高齢(当時)でエベレスト登頂。家族は妻と2男1女、孫4人。

VANITY RESTAURANT TOKYO バニティー・レストラン・トウキョウ 都内最大級クラブ摘発 ダンスホール無許可営業容疑 [社会情勢]

都内で一番でかいクラブであるバニティー・レストラン・トウキョウが摘発されました。


経営者3人が逮捕されたようです。


容疑は深夜1時以降に許可なく客にダンスをさせた、、


というものですが、これも風営法に含まれるんですね^^;


実際申請をして許可をもらわなければクラブやこういった類の店は


営業できませんが、実際数えきれないほどの店が違法営業しているのでしょう。


今回は数度の警告がいままでにあり、


また近隣から騒音やごみなどの多数の苦情がでていたということで



警察も重い腰をあげたということなのでしょう。


でもこれだけ大きなクラブが摘発されれば業界にも何か変化があるでしょう。


いや、あってほしいですね^^;


暴力団のように、こういう店もこれからはだんだん排除されることを願います。


以下記事の引用です。

都内最大級クラブ摘発 ダンスホール無許可営業容疑
2013年5月27日 夕刊(2013/5/27/東京新聞)

深夜に客にダンスをさせたとして、警視庁は二十七日、風営法違反(無許可営業)の疑いで、都内最大級のクラブ「バニティ・レストラン・トウキョウ」(東京都港区六本木五)を摘発し、運営会社社長小原健容疑者(31)=渋谷区本町三=や従業員の男ら三人を現行犯逮捕した、と発表した。
 警視庁によると、クラブなどでDJブースや踊り場を設けてダンスをさせるためには、風営法に基づく許可が必要で、営業時間も午前一時までと定められている。バニティは時間制限のない深夜酒類提供の飲食店として届け出をし、午前五時まで営業していた。
 逮捕容疑では、都公安委員会の深夜ダンス営業の許可を得ずに、二十六日午前二時前後、店内で飲食客にダンスをさせたとされる。小原容疑者ら二人は「ダンスをさせている認識はなかった」などと容疑を否認し、一人は認めているという。
 ダンス営業の規制強化には、表現の自由を侵害するとして国会議員による議連が発足するなど反対の動きもある。一方、都公安委は三年前から、バニティの前身の店舗を含めて計四回、無許可のダンス営業の改善などを求める指示処分を出していた。周辺住民からは「通行の邪魔になったり、ゴミを散らかしたりして迷惑」「朝から小学校の通学路で客が大声を出している」と苦情も相次ぎ、警視庁は摘発に踏み切った。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013052702000222.html

スウェーデン暴動、5夜連続 移民問題浮き彫りに [社会情勢]

  


スウェーデンで暴動ですか…しかも5夜ってかなり大規模だったんですね。


スウェーデンとか北欧ってなんか治安とか経済状況、国民幸福度が


とても高いイメージがあったのでなんか意外ですね。。。


国際問題や移民受け入れに関心の高い寛容な政府の政策が、


結果的に今回のような暴動を生んでしまったってことでしょうか。


やはり民族問題や宗教関係の問題はとてもシビアですねえ…


こういう個人レベルの事件やちょっとしたアクシデントが引き金になって


最悪の場合ポソのように数年単位の宗教戦争まで発展してしまうこともあるんですからね^^;



政府も今後この移民に対する教育や指導には頭を悩ませるかもしれません。


国際化が進み、世界がグローバルになるにしたがってこのような問題がでることは


避けられないのでしょうか。


日本も他人事ではなく、領土問題や拉致問題があるので、国同士


協力しあって解決することが必要なのかもしれませんね。

北朝鮮 日本海に向けて短距離ミサイルを発射 軍事演習 [社会情勢]

本日18日に北朝鮮が日本海に向けて短距離ミサイルを発射したようです。


13、14日の米韓海軍の合同演習を挑発だと受け取ったようで、

その分北朝鮮もやり返したって感じなんですかね^^;


なんだかもう少し大人な対応を取れないのかと感じてしまうのですが、、


北朝鮮はなぜあんなに世界から嫌われる姿勢を貫いているんですかね。。






世界を敵に回したら戦争しても勝てないのはわかってると思うんで、


威圧的な態度をとっていても多分直接的に攻撃したり北朝鮮から


先制攻撃を仕掛けることはないと思います。


なによりも北朝鮮の独裁政治に巻き込まれている国民の方々が一番救われないと思います。


国からさまざまなものを搾取され、


餓えに苦しんでカニバリズムまで日常化しているなんて話も聞きます。


そういえば北朝鮮って東北で東日本大震災がおこったときに800万円の寄付金を


援助してくれたんですね。


で、その時に少し見直したというか、そんな一面もあったんだななんて思ったんですが、



その数日後だかに寄付金を送ったのに何も見返りがないと抗議をしてきたというニュースをみて



あ、やっぱりか^^;と思ったことがあります。


なんですかね、お国柄なんでしょうね。



もっと友好的に話し合いでさまざまな問題を解決していけたらいいですね。








社会情勢 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。